ホーム>取り扱い瓦紹介

取り扱い瓦紹介

藤田瓦の取り扱い瓦について

藤田瓦では、三州瓦、淡路瓦、石州瓦など、安心高品質な国産瓦を主に取り扱っています。
その他屋根に関する商品を幅広く取り扱っております。
各地域の気候に合わせた瓦や、お客様のご要望に合うデザインのものをご提案致します。
お気軽にご相談ください。

愛知に息づく伝統の三州瓦

愛知に息づく伝統の三州瓦

藤田瓦は国産瓦メーカー『鶴弥』のスーパートライ正規登録施行店です。
安心の品質と施行をお約束致します。

日本の屋根、といえば粘土瓦

粘土瓦

今見直されている粘土瓦

日本の住宅屋根の約半分「粘土瓦」です。
粘土瓦は、自然素材の粘土を原料にした瓦のことで、窯で焼成して製品になります。 日本古来からの屋根材で1,400年の実績を持った屋根材です。 古くからある屋根材ですが、進化を続けている屋根材でもあり、防水性、意匠性、耐久性といった基本性能だけでなく、地震や台風に強い固定構造や、太陽光を反射する遮熱性能など新たな魅力が加わり、古くて新しい屋根材として粘土瓦は見直されています。

粘土瓦は、原料である粘土を配合、混練、成形、乾燥し、素地(しらじ)にゆう薬を塗り、焼成して作られます。
1,130℃の高温で焼き締められた粘土瓦は、住宅で最も過酷な条件である屋根においても高い耐久性で長く住宅を守ることができます。窯で焼いて製品とするため、不燃材料として確認試験をする必要もなく、建築基準法にも不燃材として定められています。スレート屋根材とは異なり、原料にアスベストは一切使用していませんので素材の安全面においても自信を持っています。

以前は、地震や台風などの自然災害に弱く、補修工事を繰り返し行っていたこともありました。しかし、最近ではそのような災害に強い防災瓦が開発され、施工方法なども改善されたことで安全・安心でメンテナンスフリーな屋根材として進化し続けています。

日本の瓦、鶴弥の瓦

日本の住宅屋根の約半分を占める「瓦」

日本の瓦、鶴弥の瓦

みなさんは「瓦」と聞いて、まず何を思い浮かべますか? お城やお寺、昔ながらの日本建築......。「うちの屋根は瓦だよ」という方もみえるかもしれませんね。日本の住宅屋根の約半分を占める「瓦」は、私たち日本人の心の原風景と言ってもいいでしょう。 しかし同時に、古い家屋の瓦には、台風で瓦が飛んでしまったり、地震で崩れてしまったり、そんな怖いイメージもあるかもしれません。
私たち鶴弥は、粘土瓦のトップメーカーとして、従来の問題点をクリアし、安全・安心な瓦づくりに日夜励んでいます。
そして、地震や台風などの自然災害に強い防災瓦、「エース」シリーズや「スーパートライ110」シリーズを完成させました。高い防災性と圧倒的な耐性で、大切な屋根、そしてみなさんの暮らしを鶴弥の瓦が守ります。

鶴弥の防災瓦 安全・安心の性能

防災性

屋根を、家を、家族を守る。鶴弥の防災瓦

防災性

鶴弥の瓦は全て地震や台風などの自然災害に強い防災瓦です。瓦同士をかみ合わせる構造により地震や台風に負けない固定力を生み出します。
現在の引っ掛け桟葺き工法では、瓦の下に粘土を敷く土葺き工法と比較して半分以下の重量です。スーパートライ110サンレイのように瓦本体の軽量化やフリーエアーロールのように棟部の軽量化など、様々なアプローチで屋根の軽量化を実現。
安心、安全な屋根づくりをお約束します。

耐久性

屋根材を選ぶ際に、価格(イニシャルコスト)だけで決めていませんか?

ランニングコストや快適性を考えれば、鶴弥の防災瓦で決まりです。
耐久性

瓦は、自然素材である粘土とゆう薬を高温(1,130℃)で焼き締めた、表面がガラス質の被膜で覆われた陶器質の屋根材です。
変色や変質が起こリにくく、時間が経過しても美しい外観を保つことができます。

セメント系屋根材(化粧スレート、セメント瓦など)や金属屋根材のように塗料による着色ではないので、再塗装の必要がなく、長期間にわたって美しさを保ち続けます。

CASBEE 建築物総合環境性能評価システムによると、瓦の耐久年数は60年、化粧スレートの耐久年数は30年と評価されています。瓦の耐久性は屋根材として最高レベルであると言えます。

快適・満足

快適な暮らしのポイントは瓦でした

毎日を過ごす家だからこそ、そこでの暮らしは快適にしたいものです。
実は、その家を守る屋根材の選択によって、その快適さに大きな差ができるのです。

夏の屋根材の熱環境比較
快適・満足

実験は右の写真のように、住宅屋根用化粧スレート(黒色)、F形粘土瓦(黒色)、J形粘土瓦(銀色)の3種類の瓦を葺いた実験棟を建て、屋根の表面温度、野地板内の表面温度、小屋裏の温度の違いを測定しました。
その結果、3つの試験とも温度は低い順に1. J形瓦 2. F形瓦 3. 住宅屋根用化粧スレートとなり粘土瓦の涼しさが実証されました。報告書では、「住宅屋根用化粧スレートと粘土瓦との間にこれだけの差が生じるのは、瓦屋根の大きな熱容量、瓦基材の断熱性の高さ、瓦と野地の間の空気層による断熱などによって、遮熱効果が得られている」と分析しています。

ページ上部へ