ホーム>サービス案内>雨漏り補修

雨漏り補修

雨漏り修理

雨漏修理

屋根や外壁等の破損部分や隙間から住宅の内部に雨水が侵入する雨漏り被害は住宅に深刻な被害をもたらします。

雨漏りで雨水が内部に浸入してしまうと、住宅の天井や柱、壁の内部を汚染していき、そこからカビが発生・腐食し、補修するための修理には大きな費用がかかります。雨漏りは、家の寿命そのものを縮めるだけでなく、お客様の健康にも害を及ぼす可能性があり、とても深刻なものです。

防水工事の必要性

住宅や建築物の屋根、外壁内部に、長期的に水を浸透させない様に、防水機能を持った層を「塗る」「張る」「取り付ける」ことを、防水工事、施工といいます。
防水は住宅・建物の屋根・外壁および室内などに施され、降雨水などの浸入防止、給排水等の漏水防止を行います。
お客様の住居を雨漏りから守るためには、まず第一に、建築物の屋上や壁に防水層が必要です。防水層は、丈夫につくられた鉄筋コンクリートの建物ですら、必ず必要になります。
特にコンクリートの打継ぎ部では、亀裂が発生しやすい箇所で、ここからの浸入雨水は鉄筋を腐食させ、建物の耐久性を大きく欠損させるのです。
木造住宅等では、屋根や外壁からいったん雨水が浸入してしまうと、柱や梁など軸組み自体が腐食してしまい、修復に大きな費用がかかることになるので、防水工事はとても重要な施工になります。

雨漏りのご相談

雨漏りのご相談

雨漏りは、どこから侵入しているのかの原因が見つけられない、というご相談が多く寄せられます。

藤田瓦では長年の実績と経験を頼りに原因を究明し、しっかりした対策を行います。

雨漏り発見は当然のことで、より早期の発見が重要になってきます。
その為にも、屋根全体を含めて定期的な診断をお勧め致します。
もちろん早期発見だけではなく、工事費など、お客様の負担が少しでも軽くなるような工夫も怠りません。

防水工事と一言でいっても、方法は様々です。雨漏りの状況に応じて、それらの方法の中から低コスト、耐久性、耐候性、防水強度などを考慮して最もその現場に相応しい方法で施工いたします。
もちろん、事前にどのような方法なのかを分かりやすくご説明いたします。

雨漏りの原因としましては、経年劣化・設計ミス・施工ミス・自然災害など様々なものがありますが、実際にお部屋の中で雨漏りに気づくというケースは、かなり深刻な状況です。修理に多額の費用がかからないようにするためにも、早期発見で適切な修理をすることが重要です。

岡山市の藤田瓦は創業20年以上の屋根リフォームの専門家だから
お客様のご要望にお応えできる技術と意識がございます。

岡山市で屋根の葺き替えリフォームや雨漏り修理なら
完全自社責任施工・確実施工・安心価格の藤田瓦へおまかせ下さい。

ページ上部へ